女性社員による嫌がらせ

すっかり変わってしまった派遣社員の待遇

今では派遣社員は非正規社員の代表のようなイメージで、その待遇も決してよくはありません。もともと派遣社員は特別な能力やスキルをもった高給取りを想定したものでした。給料もよければいろんな労働条件でもいいという専門職的な意味合いをもっていました。しかし、派遣であるということは終身雇用でないことや正社員のように退職金やボーナスなどを払わなくてもいいという会社にとって都合のいいところばかりに重点が置かれてどんどん派遣社員の意味合いが変わってきてしまいました。派遣会社も利用している会社から利用料を支払われるので派遣社員よりも派遣先の都合のいい人材ばかりを用意し続けた結果今のような非正規で労働条件の悪い待遇というのが定着してしまいました。派遣先の会社だけでなく、派遣会社自体もこの派遣社員から搾取するようなシステムが確立してしまったというのが現状です。直接雇用ならかなりいい給料のはずが、派遣社員に支払われる給料はアルバイト程度という仕事が多くを占めるようになっています。すっかり変わってしまった派遣社員の待遇をなんとか改善できる社会となればと思います。法律なども改善されつつありますが、まだまだ派遣社員は虐げられているといっても過言ではありません。